herb

かきのき

学名
Diospyros kaki Thunb.
科名
カキノキ科
昔から使われてきた利用効果
  • 循環機能
  • 風邪予防
  • 二日酔い止め
  • しゃっくり止め

6月中旬の柿の木

6月中旬の柿の木

6~8月にかけて採取

6~8月にかけて採取

採取した葉

採取した葉

採取時期の葉はツヤ・ハリがある

採取時期の葉はツヤ・ハリがある

4月中旬の新芽

4月中旬の新芽

5月下旬に黄色の花をつける

5月下旬に黄色の花をつける

6月下旬から果実が姿を現す

6月下旬から果実が姿を現す

7月下旬の生長途中の果実

7月下旬の生長途中の果実

10月上旬には果実が熟す

10月上旬には果実が熟す

民間薬草研究家 井澤敏のひと言

昔から長寿の木といわれる柿は「嘉気(めでたい兆し)」に通じる縁起物とされてきました。正月のお飾りに使われる串柿(干柿を串に刺したもの)は剣を表し、鏡餅(鏡)、橙(玉)とともに三種の神器に見立てたお供物ともいわれています。お屠蘇(とそ)をいただいた後に、お供物を食べる風習があり、その中でも干柿は楽しみの1つでした。

利用情報

採取時期 葉:5〜8月、へた:10月
利用部位 葉・へた・実
利用方法
  • 飲用
    採取した葉を水で洗い、3〜10mmの大きさに刻み、陰干しにします。完全に乾燥したら、お好みで焙煎(フライパンなどで煎る)します。手に掴んだ際にシャリッと崩れる程度が目安です。飲みやすくなり長く保存できます。乾燥または焙煎したものを、薬缶で煎じるか急須に淹れて、お茶として飲みます。動脈硬化・高血圧・風邪の予防に使われてきました。その他、へたを煎じたものは、昔からしゃっくり止めに効果があるとされ、「柿のへたは上手・下手なくしゃっくりに効く」という言葉があるぐらいです。
  • 食用
    二日酔いには、完熟したもの、つるし柿(干柿)、焼酎漬けにしたつるし柿(干柿)を食べると、気分がよくなります。甘柿は生食、渋柿はつるし柿(干柿)・あおし柿(渋を抜いた柿)にすると美味しくいただけます。あおし柿は、へたの付け根に焼酎を塗り、ビニール袋に入れて、約40℃のお湯を柿がひたひたになるまで注ぎ、密閉して、1晩〜1昼夜おくとできあがります。
相性のよい薬草
  • よもぎ
    血圧が高いときに肩こりや後頭部が痛くなることがあります。そんなときは、柿の葉・よもぎの乾燥したものを一緒に煎じて飲むと、効果が高いといわれています。ただし、柿の葉は、貧血・低血圧・冷え・便秘のときは飲まない方がよいとされています(熊本県玉名地方)。地方によっては、ひきおこしを加えて飲んでいるところもありました。
注意すること
  • 低血圧の方は要注意
    ビタミンCが多いといって、美容のために飲む際は注意が必要です。血圧を下げる働きがあるので、基本的に血圧が低い方、病弱な方の摂取はおすすめしません。
  • ※ 本サイトの情報は、民間薬草研究家・井澤敏の幼少時代からの経験や、熊本を中心に語り継がれてきた家伝・秘伝を収集し実践した内容をもとに、現代に合わせてわかりやすく編集したものを掲載しています。
  • ※ 本サイトの記述に基づいて利用される場合は、すべて自己責任の上でご利用ください。事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。
  • ※ 不安な方や症状がひどい方は専門医の診察を受け、通院されている方は必ず担当医にご相談の上でご利用ください。

薬草の徒然日記

しゃっくりには柿のヘタ

私が中学1年の秋頃の話です。 昼休みから夕方まで、しゃっくりが止まらず苦しんでいました。おばあちゃんは見るに見かねて、大きな湯呑に柿のヘタを入れ熱湯(または番茶)を注ぎ、湯呑に箸を十文字に置いて4つの飲み口をつくりました…続きを読む

渋柿の苦い思い出・甘柿の作り方

柿の話題になると必ずといっていいほど、小学校1年の秋頃を思い出します。 通学路の畑の畦道に大きな柿の木があり、秋には柿の実がたわわに実っていました。学校帰りに私と友達は、この柿の実が欲しくてたまりません。そこで、木登りが…続きを読む

基本情報

生態的特徴 落葉高木で、東アジア温帯固有の果樹。
  • 国内分布:
    本州、四国、九州
  • 生育場所:
    栽培
  • 開花時期:
    5〜6月
形態的特徴 高さ5〜15m。葉は互生し、先がとがった楕円形で、表面は主脈に毛があり、裏面には褐色の毛が密生して革質。6月頃黄色4弁の雌花と雄花を別々につける。雌雄同株。果実は黄赤色、大形の液果で、甘柿と渋柿があり、生食用または乾柿とする。
生薬名 柿蔕(シテイ)
生薬成分 単糖類(ブドウ糖, 果糖)、トリテルペノイド(Ursolic acid, Betulinic acid, Oleanolic acid, Triterpenic acid)、ナフトキノン( Plumbagin, 3-Methoxy-7-methyljuglone, 7-Methyljuglone, Shinanolone, Diospyrin, Mamegakinone, Isodiospyrin, Neodiospyrin)
用途 しゃっくり、鎮咳、鎮吐
image
読み込み中