herb

げんまい

学名
Oryza sativa subsp. japonica
科名
イネ科
別名
稲(アジアイネ・ジャポニカ種)
昔から使われてきた利用効果
  • 便通
  • 老化対策
  • 肥満予防

阿蘇のきれいな水と無農薬で栽培

阿蘇のきれいな水と無農薬で栽培

9月中旬の稲穂

9月中旬の稲穂

9月中旬の田んぼ

9月中旬の田んぼ

9月中旬の稲穂

9月中旬の稲穂

10月中旬の収穫時期

10月中旬の収穫時期

たわわに実った10月中旬の稲穂

たわわに実った10月中旬の稲穂

収穫風景

収穫風景

その場で脱穀して袋詰め

その場で脱穀して袋詰め

民間薬草研究家 井澤敏のひと言

今や美容・健康食の代表になりつつある玄米食ですが、「体に良い・悪い」という賛否両論をよく聞くようになりました。私自身、入院中のひどい便秘が帰宅後の玄米食で解消された経験があり、普段も玄米を主食としています。しかし、他の薬草にもいえることですが、誰もが等しく同じ効果を得るわけではありません。心の在り方で「誰1人として同じ人間はいない」とよくいわれますが、人の身体も同じです。自分の環境や体質・体調を見極め、自分に合った方法を見つけることが重要です。

利用情報

採取時期 8月下旬〜11月上旬
利用部位 実(穎果)
利用方法
  • 飲用
    乾燥した玄米を焙煎(フライパンなどで煎る)し、お茶として飲みます。日本茶や他の薬草とブレンドするとさらに美味しくいただけます。解毒・抗酸化作用に優れているといわれ、便秘の改善、ダイエット、老化対策に使われてきました。
  • 食用
    玄米をご飯として食べる場合、初めての方は、白米に混ぜるか、3・5・7分づき(精米)をおすすめします。浸水は3時間以上、一晩が目安です。炊く前に塩を1つまみ入れると、灰汁抜きができ、美味しくなります。水は多めに入れるのがポイントです。炊飯器の玄米モードを使えば簡単にできますし、圧力鍋や土鍋で炊くとモチモチと美味しく炊きあがります。
相性のよい薬草
  • 日本茶/よもぎ/かきどおし/どくだみ/柿の葉/桑の葉
    玄米の風味を活かしながら、解毒、高血圧の予防、便秘の改善、老化対策、ダイエットなど相乗効果が期待できます。
  • ※ 本サイトの情報は、民間薬草研究家・井澤敏の幼少時代からの経験や、熊本を中心に語り継がれてきた家伝・秘伝を収集し実践した内容をもとに、現代に合わせてわかりやすく編集したものを掲載しています。
  • ※ 本サイトの記述に基づいて利用される場合は、すべて自己責任の上でご利用ください。事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。
  • ※ 不安な方や症状がひどい方は専門医の診察を受け、通院されている方は必ず担当医にご相談の上でご利用ください。

基本情報

生態的特徴 熱帯性多年草(日本では1年草)。寒冷な気候に比較的強く、湿潤な温帯や夏期に比較的高温になる亜寒帯に適している。
  • 国内分布:
    全国
  • 生育場所:
    栽培
  • 開花時期:
    7月下旬〜8月中旬(品種によって違いあり)
形態的特徴 高さ60~100cm。管状の稈を多数分岐させ、節ごとに1枚の細長く、硬い、肉薄の葉。夏には長穂が突き出て、小さな白い花をつける。開花時間は2〜3時間。秋に実が熟すと下垂する。
生薬名 粳米(コウベイ)
生薬成分 でんぷん、デキストリン など
用途 滋養、緩和、清涼作用、胃腸を整え血糖降下、脱水抑制作用
出典 生薬名〜用途:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 薬用植物総合情報データベース(http://mpdb.nibiohn.go.jp/
image
読み込み中