herb

だいず

学名
Glycine max
科名
マメ科
別名
じゃず豆(ジャズマメ)
昔から使われてきた利用効果
  • 循環機能
  • 肝機能
  • 健胃・消化促進
  • 美肌
  • 滋養強壮
  • 肥満予防

民間薬草研究家 井澤敏のひと言

日本人との関わりは古く、縄文時代より存在が確認されており、五穀(米・麦・粟・稗・豆)の1つであり、節分の豆まきなどの祭礼にも重用されてきました。「畑の肉」とも称される優れた栄養食品であり、長期保存や有毒成分除去という目的で、焙煎・発酵・加熱など色々な加工が幾度となく試されてきた、和食文化の根幹を支える食材だと思います。

利用情報

採取時期 8月下旬〜10月
利用部位 実(豆)
利用方法
  • 飲用
    乾燥した実(豆)を焙煎(フライパンなどで煎る)します。お茶や粉末(きな粉)にしてお湯で溶き、お好みで黒糖やはちみつを加えて飲みます。抗コレステロール・抗酸化・健胃作用に優れているといわれ、動脈硬化の予防、肝機能の改善、ダイエットに使われてきました。また、疲労回復、貧血の改善、美肌づくりにも効果が期待できます。
  • 食用
    日本人は古来より色々な食べ方を生み出してきました。生育段階で食品にする、もやしや枝豆。完熟した大豆は、搾って大豆油、焙煎・粉砕してきな粉、発酵して醤油・味噌・納豆、浸水・加熱して豆乳・湯葉・豆腐などに加工。さらにもう一手間加えて、油揚げ・凍み(高野)豆腐・豆腐ようなど、多種多彩です。
  • 塗用
    きな粉・牛乳・昆布・アロエを混ぜてパックすると、肌荒れが和らぎます。
相性のよい薬草
  • よもぎ
    よもぎは血液浄化作用に優れいているといわれ、動脈硬化・肥満の予防、肝機能の改善に対して相乗効果が期待できます。
  • 海藻類
    豆に含まれる毒素を中和しつつ、腎機能回復への相乗効果が期待できます。
注意すること
  • 生・半生の豆は厳禁
    豆類に毒性が含まれていることは以外と知られていません。生豆や加熱不十分の豆は食べないようにしましょう。腹痛・嘔吐・下痢などを起こすことがあります。加熱・焙煎・発酵など必ず加工してください。海藻(昆布・ひじき・海草など)と一緒に煮ると毒素が中和できます。和食に豆と海藻の組み合わせが多いのも納得です。
  • ※ 本サイトの情報は、民間薬草研究家・井澤敏の幼少時代からの経験や、熊本を中心に語り継がれてきた家伝・秘伝を収集し実践した内容をもとに、現代に合わせてわかりやすく編集したものを掲載しています。
  • ※ 本サイトの記述に基づいて利用される場合は、すべて自己責任の上でご利用ください。事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。
  • ※ 不安な方や症状がひどい方は専門医の診察を受け、通院されている方は必ず担当医にご相談の上でご利用ください。

基本情報

生態的特徴 一年草作物で、栽培の起源は古く、東南アジア原産。
  • 国内分布:
    全国
  • 生育場所:
    栽培
  • 開花時期:
    7〜8月
形態的特徴 高さ30〜40cm。葉は3出複葉で互生。花は蝶形で束状につけ、長さ約5cmのさやを実らす。蔓性のもの、種子が黒・茶・緑など品種が多い。
image
読み込み中