herb

かわらけつめい[河原決明]

かわらけつめい

学名
Chamaecrista nomame (Siebold) H.Ohashi
科名
マメ科
別名
ユララ・合歓茶(ネムチャ)・豆茶(マメチャ)・浜茶(ハマチャ)・弘法茶(コウボウチャ)
昔から使われてきた利用効果
  • 腎機能
  • 利尿
  • 整腸
  • 便通

9月上旬に黄色の花がつく

9月上旬に黄色の花がつく

昔は川原でよく見かけたが帰化植物増加により現在は稀少

昔は川原でよく見かけたが帰化植物増加により現在は稀少

民間薬草研究家 井澤敏のひと言

熊本・阿蘇地方では「ゆらら」と呼ばれており、夏の終わりから秋にかけて刈干切り(草原の草刈りをして1年分の牛の飼料とする)のときに採取し、軒先に吊るし陰干しにしていました。お腹の具合が悪いときに煎じて飲んだものです。今では、この風習も廃れてしまいました。また、群生していた草原や川原では帰化植物が増えたため、稀少になっているといいます。

利用情報

採取時期 8〜10月
利用部位 全草
利用方法
  • 飲用
    採取した全草を水で洗い、陰干しにします。完全に乾燥したら、お好みで焙煎(フライパンなどで煎る)します。飲みやすくなり長く保存できます。乾燥または焙煎したものを、薬缶で煎じるか急須に淹れて、お茶として飲みます。利尿・緩下・健胃作用に優れているといわれ、腎炎の予防、便秘の改善、胃腸の機能回復に使われてきました。
  • 食用
    ゆらら茶と阿蘇高菜で作るお茶漬けは最高です。ぜひ、お試しください。
  • ※ 本サイトの情報は、民間薬草研究家・井澤敏の幼少時代からの経験や、熊本を中心に語り継がれてきた家伝・秘伝を収集し実践した内容をもとに、現代に合わせてわかりやすく編集したものを掲載しています。
  • ※ 本サイトの記述に基づいて利用される場合は、すべて自己責任の上でご利用ください。事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。
  • ※ 不安な方や症状がひどい方は専門医の診察を受け、通院されている方は必ず担当医にご相談の上でご利用ください。

基本情報

生態的特徴
  • 国内分布:
    本州、四国、九州
  • 生育場所:
    日当りのよい野原、川原、道ばた
  • 開花時期:
    夏〜秋
形態的特徴 高さ30〜60cm。茎は細く堅く中実で、1本または枝分かれし、やや密に毛が生える。葉は互生し、左右に多数の短い葉柄がつく偶数羽状葉で、長楕円形をした披針形で先端が尖っている。花は夏から秋にかけて、葉の脇の小枝に、長さ約6〜 7mmの黄色い小花が1〜2個咲く。花弁はほぼ同形の5枚の花弁で、倒卵型をした放射状花で、マメ科の花の特徴である蝶形花とならず、花の雄しべは4〜5本。晩夏から秋にかけて、長さ3〜 4cmの果実が斜め上向きに結ぶ。全体に毛が多い扁平なさやの中に硬い種子がある。
image
読み込み中