herb

とちゅう

学名
Eucommia ulmoides
科名
トチュウ科
別名
杜仲(ハイマユミ)
昔から使われてきた利用効果
  • 循環機能
  • 利尿
  • 便通
  • 滋養強壮
  • 肥満予防

8月中旬のとちゅうの木

8月中旬のとちゅうの木

飲用には葉を採取する

飲用には葉を採取する

民間薬草研究家 井澤敏のひと言

中国では5千年以上もの昔から「幻の薬木・仙木」として、王侯貴族の間でも珍重され別格の扱いをされていたようです。阿蘇薬草園では、苗木を中国から取り寄せ植樹しました。今では立派な大木になり、商品の原料として収穫しています。平成28年熊本地震で、半分が土に埋まってしまったのがとても残念です。

利用情報

採取時期 初夏
利用部位
利用方法
  • 飲用
    採取した葉を水で洗い、陰干しにします。完全に乾燥したら、焙煎(フライパンなどで煎る)し、薬缶で煎じるか急須に淹れて、お茶として飲みます。生葉を煎じて飲んでも大丈夫です。抗コレステロール・利尿・整腸作用に優れているといわれ、高血圧の予防、ダイエット、むくみ・便秘の改善、滋養強壮に使われてきました。
相性のよい薬草
  • よもぎ/とうもろこしのひげ/すぎな/かきどおし/おおばこ/どくだみ
    とちゅうの効能を邪魔しない、利尿作用の高い薬草を加えます。熊本のお年寄りの知恵で、家伝・秘伝の使い方を教えていただきました。
注意すること
  • 医薬品
    樹皮の部分は医薬品に指定されており、通常販売はできません。
  • ※ 本サイトの情報は、民間薬草研究家・井澤敏の幼少時代からの経験や、熊本を中心に語り継がれてきた家伝・秘伝を収集し実践した内容をもとに、現代に合わせてわかりやすく編集したものを掲載しています。
  • ※ 本サイトの記述に基づいて利用される場合は、すべて自己責任の上でご利用ください。事故やトラブルに関しての責任は一切負いかねますので予めご了承ください。
  • ※ 不安な方や症状がひどい方は専門医の診察を受け、通院されている方は必ず担当医にご相談の上でご利用ください。

薬草の徒然日記

漢方生薬の老舗ヤマダ薬研さんとの出会い

『とちゅう(杜仲)』との関わりは、阿蘇薬草園を開園して間もない頃、熊本市にある鶴屋百貨店の物産展に出店した際に、株式会社ヤマダ薬研(大阪で漢方・生薬一筋85年の老舗)さんとの出会いから始まりました。 当時、薬草の評価や知…続きを読む

基本情報

生態的特徴 中国原産の落葉高木で、一科一属一種の、世界でも珍しい樹木。
  • 国内分布:
    本州、九州
  • 生育場所:
    栽培
  • 開花時期:
形態的特徴 高さ約20m。葉は互生し、楕円形で先端と基部が尖っている。雌雄異株で、春に白色の小花が咲く。樹皮は暗褐色で、白色のゴム質乳液を含む。
生薬名 杜仲(トチュウ)
生薬成分 グルタペルカというゴム質、ビタミンC、有機酸など
用途 降圧、滋養、強壮、鎮痛、補肝腎、強筋骨、安胎、利尿
image
読み込み中